インナーマッスルを鍛えるための腹式呼吸

腹筋と言うのは様々な筋肉が集合して出来ています。
そのため、一般的に知られている上体を起こす腹筋トレーニングだけでは
十分な腹筋トレーニングとは言えません。

 

腹筋には大きく分けてもわき腹、下腹部、中央部分に分かれます。
これらの筋肉をバランスよく鍛える事で理想的な腹筋を手に入れる事が出来ます。
中でも下腹部は鍛えにくく、お腹のたるみなどにもつながりますので、集中的に鍛えるといいでしょう。

 

下腹部を鍛える為には、腹圧を高くした腹筋の鍛え方をしなくてはなりません。
いわゆるインナーマッスルですが、腹横筋を鍛える事で下腹部をすっきりとさせる事が出来ます。

 

 

インナーマッスルを鍛える為には呼吸を上手く取り入れて、
負荷をあまりかけない様にする腹筋運動をする事が最も効果的な方法だと言われています。

 

インナーマッスルである腹横筋は私達が通常行っている『呼吸』でも使われている筋肉になりますので、
腹圧を取り込むことで効果的に鍛える事が出来ます。

 

まずは片手をお腹に充てて負荷を軽くかけ、鼻から息を吸ってお腹を膨らませ、
口から息を吐いてお腹を凹ませる腹式呼吸を行います。

 

 

一昔前にグレイシー柔術の選手が行っていた呼吸法に近いものですが、
意識的に腹式呼吸を行う事でインナーマッスルを鍛える事が出来ます。

 

リラックス出来る環境も必要ですので、入浴中やちょっとした時間に試してみるといいでしょう。
腹式呼吸は想像しているよりも腹筋に負荷をかけますので、
腹筋が使われているとすぐに実感できるはずです。

 

ヤクルトの青汁がおすすめ

新潟市の風俗 にいがた学園天国は、Hデカワイイ女の子をお届けするデリバリーヘルスです。

新潟でチャットレディやるなら、未経験でも稼げるラ・グラン・ステューディオは、お勧めです

置き換えダイエット酵素

埼玉県の入れ歯治療を考えているなら 県外から来店するお客様がくるくろさき歯科

SEO対策 低価格

腹式呼吸で心身のコントロール

呼吸と言うのは生命活動だけではなく、様々なことに関係しています。
緊張したとき、イライラしたとき、悲しいときなどに深呼吸をする事で精神的にも落ち着き、
リラックスできるというのは誰でも経験があるのではないでしょうか。

 

心身のリラックスに深く関係している呼吸ですが、腹式呼吸は、その効果を更に高める事が出来、
腹式呼吸を行う事で心身の状態をコントロールする事が出来ます。
腹式呼吸を使った心身のコントロールで最も有名なのはヨガになります。

 

 

また、中国拳法の太極拳、気功等でも腹式呼吸は使われており、
心身のコントロールにいかに有効な呼吸法であるのかと言う事が分かります。

 

息を吸い、吐く。

 

ただこれだけの作業ですが、ゆっくりと行う事で心を落ち着け、
体の余計な力を抜き、リラックスした状態を作り上げます。

 

リラックス状態というのは様々な場面で重要なものになります。

 

 

緊張状態では本来の自分の力を出し切る事が出来ず、気持ちが高ぶっていると体の動きも鈍くなります。
腹式呼吸を行う事で、こうした緊張状態を緩和し、リラックスした状態を作る事が出来るのです。

 

腹式呼吸は息を吸う時にお腹を膨らませて、息を吐く時にお腹を凹ませると言う単純なものになります。

 

しかし、お腹に意識を集中する事で余計な雑念を振り払い、呼吸をする事に集中させてくれる力があります。
何かのイベントなどで緊張するような事があれば、腹式呼吸を使って心身のコントロールをしてみたらいかがでしょうか。

更新履歴


このページの先頭へ戻る